グラマーはどの時期に飲んだらベスト?

グラマーを飲むのは卵胞期?それとも黄体期?

一般的にプエラリアなどのバストアップ成分が入っているバストアップサプリは、卵胞期と呼ばれる生理後期から排卵期前までの時期に飲むのが良いとされています。

それはエストロゲンに働きかける成分が含まれているので、エストロゲン(卵胞ホルモン)が分泌される時期にその効果を高めるためです。

また、チェストベリーなどの成分はプロゲステロンに働きかけるので、黄体期と呼ばれる排卵期後から生理開始までの時期が良いと言われています。

ではグラマーはどうしたらいいのでしょうか?

グラマーのバストアップ主成分はプエラリア、ブラックコホシュ、チェストベリーです。

  • エストロゲン様作用:プエラリア、ブラックコホシュ
  • プロゲステロン様作用:チェストベリー
となっているので「どちらの時期に摂るべき?」となるわけです。

こうした両方の女性ホルモンに作用する成分が含まれているサプリは他にもありますが、成分比率で多く含まれている成分が働きかける時期に摂れば良いのです!

ということで、販売元のマザーリーフに電話で直接訊いてみたところ、「成分比率は企業秘密ですので公開はしておりません。グラマーはどの時期でも摂取頂けます。」とのことでした。

飲み分けの必要がないバストアップサプリというキャッチコピー通りの回答でした。

成分の特徴から飲む時期を考える

それでは配合されている成分の特徴から考えてみましょう。

それぞれの成分は、別ページで紹介しておりますのでここではある特徴に焦点をあてます。

  • プエラリア: 植物性エストロゲンを含み、細胞の受容体に結合しエストロゲンに似た作用
  • ブラックコホシュ: エストロゲンの分泌量が足りない時は分泌を促し、過剰分泌されているときは分泌を抑制する作用(アダプトゲン作用)
  • チェストベリー: プロゲステロンの分泌量が足りない時は分泌を促し、過剰分泌されているときは分泌を抑制する作用
つまり・・・
 『卵胞期に摂るとプエラリア&ブラックコホシュがエストロゲンの分泌を促してくれ、チェストベリーによってプロゲステロンの量も必要以上には増えない』、ということなります。
⇒ ホルモン分泌異常にはならない!卵胞期OK!

『黄体期ですとエストロゲンの量がプエラリアで増えたとしてもブラックコホシュによって過剰分泌にならないように抑制され、チェストベリーによってプロゲステロンの分泌が促される』、ということになります。
⇒ ホルモン分泌異常にはならない!黄体期OK!

非常によくできているバストアップサプリです。
これならいつ飲んでも大丈夫というのにもうなずけます。

実際に飲んでいるユーザーの方法

有名バストアップサプリにはグラマーの他にレディーズプエラリア99%という商品があります。この商品はプエラリアオンリーなので完全に卵胞期型のサプリです。

色々な実体験をブログなので読んだところ、グラマーを飲んでいる多くの人がレディーズプエラリアと一緒に飲んでいるということがわかりました。

グラマーを絡めた飲み方は大体以下の5パターンでした。

  • 卵胞期:グラマー 黄体期:飲まない
  • 卵胞期:グラマー 黄体期:グラマー
  • 卵胞期:レディーズプエラリア 黄体期:グラマー
  • 卵胞期:レディーズプエラリア 黄体期:飲まない 月経期&排卵期:グラマー
  • 卵胞期:グラマー 黄体期:ワイルドヤム425mgやB-UPドロップ※
※B-UPドロップはB-UPナノカプセルという商品にリニューアルされたことで、プエラリアが加わってしまったのでB-UPナノカプセルは卵胞期用

このように見ると様々ですね。
どの方法でも結果が出ている人がいましたので、人それぞれ合った飲み方があるのだと思います。
月経期に飲むと調子が良いという人も見られました。

やはり、自分にあった飲み方を探すのが一番良いということですね!


次に、グラマー目安摂取量と生理中の飲み方を見てみましょう。
⇒ グラマー 摂取量 生理