ジャムウガリアンでさらに美しい女性へ!


ジャムウ・ガリアン

ジャムウガリアンは育乳、血流改善、消化&吸収の補助、月経不順の調整、ダイエット、体臭予防などに効果的とされるハーブの一種です。

ジャムウはひとつの植物名ではなく、いろいろな植物のパーツを原料として調合されたものの名称ですので、ひとくちにジャムウガリアンといってもその効能は様々です。

一般的にはハーブ、種子、根っこ、実、花びらといったものをミックスさせたものや、その混合物にたまご、砂糖、塩、ハチミツなどを加えたものがあります。

グラマーのジャムウガリアンにはウコン、バジル、ウイキョウ、クスの木、たんぽぽ、白コショウ、ヤマイモなどが採用されています。

通常はジャムウと呼ばれるこの混合ハーブですが、女性疾患を解消し、美しい女性を更に美しくするために特別に調合されたものは「ジャムウガリアン」と呼ばれます。

インドネシア発祥のハーブで、ジャムウは植物の葉っぱや根っこから作成されたもの、ガリアンは木の芯という意味があります。

ジャムウガリアンのバストアップ作用とは、女性ホルモンの分泌調整を行い、乳腺に刺激を与えることで乳脂肪を増量させます。また、ハーブの効能でバストのハリや弾力を出したりします。

こうしたバストアップ用成分としても知られていますが、そのほか、体臭を消すためのソープに配合されたり、オイルとして使われたり、インドネシアの女性に昔から愛用されてきたハーブなのです。


グラマーに含まれている成分「プエラリア」をチェック!
⇒ プエラリア